カードローンの限度額と金利

カードローンの金利について

カードローンの金利は銀行が低くて消費者金融は高くなっています。カードローンの金利は、実質年率4.6%〜14.6%のように表示されますが、実質年率というのは手数料や保証料なども含めた合計の費用を年率に換算した数字です。実質年率方式では、借入残高により利息を計算します。

 

指さし男

 

残高は減っていくので月ごとに利息がいくらになるのかが計算されます。これに対してアドオン方式というのがありますが、これは元金が減少しないと仮定して利息計算する方法です。アドオン方式の方が利息計算が簡単ですが、同じ条件でもアドオン率で表示した場合のほうが金利が低いように誤解されるので、カードローンでは実質年率が表示されています。

 

カードローンの限度額と審査について

カードローンの限度額は、審査の結果、金融機関や消費者金融が決定します。ですから、必ずしも自分が希望した額の限度額が設定されるわけではありません。

 

限度額が低く設定されるのは、審査の結果、返済能力が低い、信用性が低いとみなされるためです。たとえば専業主婦がカードローンで融資を受けたいと思う場合の限度額は30万円、多くても50万円です。

 

 

専業主婦は無職で自分に収入がないので、どうしても限度額は低くなります。

 

また、審査の結果、他社借り入れ件数が多い、借入残高が多いということがわかれば、限度額が低く設定されます。ネット上では無審査で融資するという貸金業者の広告を見かけますが、無審査での融資はあり得ませんので信用しないでください。

 

特に、貸金業者は総量規制の対象なので、カードロ―ン申し込み者の年収の3分の1までの額しか融資してはいけないことになっています。ですから、必ず申し込み者の個人信用情報を審査して、借入残高が年収の3分の1に達していないことを確認しないといけません。ですから無審査の貸金業者は違法業者ですから融資を受けないようにしましょう。

 

限度額と金利の関係

限度額が低いと金利は高くなります。たとえば、実質年率4.6%〜14.6%で限度額が100万円未満なら金利は14.6%になります。

 

ただ、この限度額は申請すれば引き上げてもらうことも可能です。半年後ぐらいに申請してその間、返済の遅延がなく利用状況も良好であれば、限度額が引き上げられることもあります。ですから、返済は約定日までに必ず行ってくださいね。返済の遅延があると新たにカードローンを契約して融資を受けたいと思う場合でも、審査に落ちる可能性が高くなります。