融資してはいけない危険資金業者

貸金業者は大手消費者金融から中堅消費者金融、小規模消費者金融までたくさんあります。金融庁の登録貸金業者のリストを検索すれば全国に数多くの貸金業者があるのがわかります。

 

カードローンで融資を受けようと思う場合、大手消費者金融のカードローンなら安心して借りれますが、それ以外の消費者金融だといくらかの不安がありますね。それで、ヤミ金に騙されないように悪徳貸金業者の特徴を知っておくことは大切です。

 

登録番号がない貸金業者

悩む男

登録番号というのは東京都知事(8)第*****号のような番号です。←この番号がないのは登録していないヤミ金です。登録業者かどうかは金融庁の登録貸金業者検索のサイトで確認することができます。ただ、悪徳業者も頻繁に屋号を換えて登録することがあります。

 

その場合()内の数字が1や2になっています。()内の数字は3年に1度行われる登録の回数を表しているので、(1)であれば貸金業者として登録してから3年未満ということになります。数字が少ないのはすべて悪徳業者と言い切ることはできませんが、貸金業者を選ぶときの目安の一つにはなります。

 

また、カードローンの広告に登録番号が表示されていても偽の登録番号を表示している場合もあるので、金融庁の検索サービスを使って確認してください。

 

審査の甘さを強調する

ヤミ金は「無審査」とか「独自審査・即日融資」、「多重債務者歓迎」、「ブラック歓迎」などのような審査の甘さを強調するようなカードローンの広告を出しています。どこからも融資を受けられなくなった人にとっては無審査というのは魅力的な言葉ですね。でも、優良貸金業者が無審査で融資をすることはあり得ませんので、甘い言葉に騙されないようにしてください。

 

電話番号と融資の条件

カードローン広告で電話番号は携帯電話だけしか表示していないならヤミ金です。携帯番号しか使わないのは。警察の手を逃れるためです。

 

固定電話もしくはフリーダイヤルがあるのを確認してください。また、融資の条件も金利や返済方式などがきちんと書かれているか確認してください。カードローンの金利は少なくとも小数点以下1位まで表示しないといけないことになっています。

 

 

また、実質年率で表示されているかどうかも確認してください。カードローンの広告で、融資の条件が明示されていないところからの融資は受けない方がいいです。また、金利が極端に低いのもヤミ金です。中小規模の貸金業者で、銀行より低い金利で融資できる貸金業者はありませんので、うまい話には乗らないでくださいね。