カードローンの審査ではこんなことがチェックされますか?

カードローンは必ず審査があって無審査なのはヤミ金だけです。
審査はカードローンを申し込んだ人に返済能力があるか信用性はあるかを確認するための大事な段階です。

 

この審査の結果によって融資を受けられるかどうかが決まるので、借りる方も審査ではどんなことがチェックされるのだろうと気になりますよね。

 

カードローンの審査のチェックポイント

カードローンの仮審査はコンピューターによる自動審査ですが、この審査は申し込みフォームに入力された情報言基づいて行われます。
カードローンの審査

 

申し込みフォームには名前や住所のほかに職業、職種、勤務先、勤務形態、勤続年数、年収、保険の種類、住居(賃貸か持ち家か)、他社借り入れ件数、借入残高の総額などなどたくさんのことを入力しますね。

 

これらがすべて審査の対象、つまり融資を受けられるかどうかのチェックポイントになります。

 

また、申し込みをすると在籍確認も行なわれ、在籍確認が取れないと審査が遅れたり審査に通らなかったりするので注意が必要です。

 

カードローンの審査に通って融資を受けられる人はどんな人?

まず、職業は水商売のように収入が安定しない仕事より、安定した収入が得られる職業に就いている人の方が審査では、ポイントが高くなります。また、勤務形態は正社員、保険は社会保険や組合保険、住居は賃貸よりも持ち家の方が審査には有利になります。

 

ただし、賃貸でも居住年数が長ければ評価はよくなります。勤務形態もアルバイトやパートでも勤続年数が長ければポイントはよくなります。また、独身なら一人暮らしよりも家族と同居していた方が審査には有利なようです。また、以前は固定電話がある方が審査には有利だと言われていましたが、現在では携帯電話を連絡先として申告しても審査には昔ほど大きな影響はないようです。

 

本審査でチェックされること

仮審査に通ると本審査に入りますが、この時に信用情報機関に申し込み者の個人信用情報を確認します。個人信用情報を確認すると他社借り入れ件数や借入残高の総額を確認できます。ですから、申し込み書に虚偽の申告をしているとここでバレて、審査に落ちてしまい融資は受けられません。

 

また、個人信用情報には、カードローン等の返済の遅延の有無や、延滞、債務整理の有無も登録されているので、そのような情報がまだ残っていれば審査には通りません。ほぼ無審査のヤミ金なら債務整理をしたばかりの人でも借りれますが、ヤミ金を利用すると違法な金利で膨大な利息を取ら続けることになるので、絶対に利用しないようにしてください。「無審査・即日融資!」のような甘い言葉には騙されないようにしてくださいね。

 

もしも審査に落ちてしまったら・・・

公務員のような安定した職業に就いている人でも、他の属性が思わしくなければカードローンの審査に落ちて融資が受けられないということはあります。お金にすごく困っていてカードローンの審査に落ちてしまうとかなり焦りますが、間違っても無審査の悪徳貸金業者には手を出さないようにしてください。

 

それから、審査に落ちてからすぐに他社のカードローンに申し込むのも控えた方がいいでしょう。申し込みの記録も信用情報機関に登録され、半年間は抹消されません。それで、短期間に次々と申し込むとよほどお金に困っている人ということで、融資を受けにくくなります。いわゆる「申しこみブラック」になってしまいます。

 

審査に通って融資を受けるためには

カードローンが無審査だったらどんなにいいだろうと思いますが、それはあり得ないので、できるだけ審査に有利なように、今借りているカードローンの返済やクレジットカードの支払、割賦契約で買った携帯電話の料金の支払などを遅延しないようにしてください。

 

また、勤続年数が1年過ぎてから申し込むとか、引っ越しをしたなら半年ぐらい経ってから申し込むとか申し込みのタイミングも考えて下さい。それから、一般に銀行カードローンの方が消費者金融よりも審査が厳しいので自分の属性に合った借入先を選ぶ必要もあります。すでに他社借り入れが4件以上ある人が銀行カードローンに申し込んでも、審査に通って融資を受けられる可能性はあまりありません。