悪徳貸金業者の手口について

悪徳貸金業者で借りるとどうなる?

貸金業者というのはカードローンを販売している消費者金融や、クレジット会社などを指しますが、貸金業者の中にはアコムやプロミスのような大手消費者金融もあれば、それよりも規模の小さい中堅消費者金融、そしてさらに規模の小さい消費者金融があります。

 

大手消費者金融のカードローンで借りる場合は安心ですが、小規模の消費者金融で融資を受ける場合は借入先の選択に注意が必要です。良心的に見えても悪徳業者というのがいるものです。

 

ここでは悪徳貸金業者、つまりヤミ金の手口についてご説明します。

 

いわゆるヤミ金の種類

整理屋

整理屋というのは、カードローン等の借金の債務整理をお願いすると、いい加減な債務整理をしてあるいはまったく債務整理をしないで手数料だけをだまし取るというヤミ金です。

 

ヤミ金は弁護士の名義を借りていることがあるので、債務整理の依頼を受けると、融資をした側に受任通知を送ります。受任通知を受けとった債権者は債務者に督促をしてはいけないことになっているので、債務者のところには督促が来なくなります。

 

そうすると、すっかり信用してしまい債務整理が完了するまで、高い手数料を払い続けます。ですが、結果はほとんど債務整理がせれず、損害がさらに大きくなるというわけです。弁護士事務所を選ぶときは信頼できる債務整理に関して実績のあるところを選んでくださいね。

 

紹介屋

紹介屋というのは、カードローンでの融資を依頼すると一応審査のようなことをして(実際には無審査同様)「うちでは融資はできませんが、うちと付き合いのある消費者金融を紹介します。

 

そこなら融資が可能です。」といって適当な消費者金融を紹介されます。審査に通ると、報酬としてその何割かを紹介した業者に渡します。10万円借りれたとしても3,4万は手数料として要求されます。でも、融資を受けられたのは、その業者お紹介があったからではないのです。実際には紹介した消費者金融とは何の関係もないか、あるいは同じヤミ金である場合が多いです。ですから、紹介屋は何の苦労もなく、お金を巻き上げるわけです。貸金業者に融資を依頼して他の消費者金融を紹介されたときには、怪しいと思ってください。

 

無審査・即日融資という広告

闇金業者の広告は、どこからもカードローンでの融資が受けられない人たちにとっては非常に魅力的なものです。「無審査」「多重債務者大歓迎!即日融資」「ブラックの方、無審査融資」などなど、ありえない宣伝文句が並んでいます。まず、融資するのに無審査はあり得ないですし、到底回収できそうになり多重債務者に貸すというのもおかしな話です。

 

ブラックでも程度によっては融資する登録業者もありますが、それを大々的に宣伝文句として使うことはありません。こうした甘い言葉に騙されないように冷静に判断してくださいね。
"